想像力と創造力を育む知育ブロック “PLUSPLUS”

色彩感覚を養う

PLUSPLUS(プラスプラス)には‘Basic(ベーシック)’‘Neon(ネオン)’‘Pastel(パステル)’の3つのカラーバリエーションがあります。
(※大きいサイズ‘midi’はベーシックのみ。)
さまざまな色を使って、絵を描くようにブロックをつなげていくことで、色彩感覚が身につきます。

指先の鍛錬ができる

作品を仕上げていく過程で、指先の鍛錬ができます。
また、できあがりを想像しながら、目的を持って指先を動かすことは、脳の活性化にもつながります。

構成力を養う

動物や乗り物、大きなお城まで、ブロックの組み合わせとあなたのアイデア次第で、できる作品は無限大。
どのようにブロックを組んでいくかを考えることで、構成力を養います。

平面作品も立体作品も自由自在

PLUSPLUS(プラスプラス)をはじめるにあたって、まずは平面(2D)で絵を描くようにつなげていきましょう。パーツの向きを縦横に変えながら、数種類の色合いを意識しつつ、楽しく描いてみてください。イラストをイメージしたり、文字を表現してみたりと、平面の世界だけでも実に多彩な作品が生まれることでしょう。

平面(2D)作品

PLUSPLUS(プラスプラス)の扱いに慣れてきたら、立体(3D)作品にもチャレンジしてみましょう。
パーツをL字につなげたり、高く積み上げたりして、思い描く作品をどのように構築していくか考えながら、指先を動かしましょう。アイデア次第で、シンプルな形1種類から生まれる無限の可能性を実感できることでしょう。

立体(3D)作品

シンプルながら多様な接合方法

PLUSPLUSの接合の仕方

プラス(+)の形を2個つなげたシンプルな形状のPLUSPLUS(プラスプラス)。
1種類の形でも、左記のようにつなげ方はさまざまです。
平面でつないだり、縦横の向きや角度を変えてつなげたり。
いか様にも接合しやすいシンプルな形状を利用し、工夫を凝らして理想の作品作りに役立てましょう。
凹凸(おうとつ)を合わせてサクッと押し込むだけなので、力を入れずに容易に扱うことができるPLUSPLUS(プラスプラス)は、小さなお子様(対象年齢3歳~)でも大変扱いやすいおもちゃです。

カラーバリエーションと選べるパーツサイズやピース数

PLUSPLUS(プラスプラス)のmini(ミニ※通常サイズ)には、3つのカラーバリエーションがあります。
また、mini(ミニ※通常サイズ)のほか、midi(ミディ)という大きなサイズのPLUSPLUSがあり、それぞれ数種類のピース数別パッケージをご用意しております。
お好きなカラーやサイズ、ご希望のピース数をお選びいただけます。

選べるサイズとカラー

 Page Top